Uber Eats

Uber Eatsの配達パートナー、始め方・登録方法や報酬は?ウーバーイーツ...

人気のフードデリバリーサービスの代表格といえばUber Eats(ウーバーイーツ)。最近はそのUber Eatsの配達パートナーになり、本業や副業としてお金を稼ぐ人も増えてきた。 この記事では、Uber Eats(ウーバーイー...

Uber Eatsのロボット配達、料理は冷めちゃわないの?

Uber Eats Japanのプラットフォームを活用したロボットデリバリーサービスが東京都内の日本橋エリアで始まった。2024年4月には大手飲食チェーン系列のガスト日本橋店が取り扱いを開始し、ロボットデリバリーは現在3店舗で行われ...

Googleが「二刀流」!自動運転タクシーでUber Eatsも配達

米アリゾナ州フェニックスで2024年4月10日までに、Google系Waymoの自動運転タクシーによるUber Eatsのデリバリーが開始された。自動運転車による「二刀流」のスタートだ。 車両はジャガーのEV(電気自動車)「I...

【2024年3月の自動運転ラボ10大ニュース】アップルが自動運転開発を断念

海外では、アップルがついに自動運転開発を断念するという衝撃のニュースが飛び交った。スマートモビリティを一から開発するのは、天下のアップルでも簡単なことではなかったようだ。 一方、国内ではライドシェア関連の話題や自動配送ロボット...

Uber Eatsの配送ロボ、開発者はGoogle出身!Cartkenの知ら...

法改正により実用化フェーズに突入した自動配送ロボット。本格的な商用化フェーズを見据え、各社が開発やサービス実証を加速している。 日本では、Uber Eats Japanと三菱電機が手を組み、ロボットデリバリーサービスに着手した...

5年後の日本、配送ロボが歩道を埋め尽くす懸念 Uber Eatsが口火

2023年4月に届け出制のもとサービス実装が可能になった自動配送ロボット。制度開始からまもなく1年を迎える。実用化をめぐる競争が激化すると思いきや、意外とおとなしい立ち上がりとなった。社会受容性などを背景に、各社とも様子見しているの...

米Nuroと英Arm、自動運転レベル4で提携!注目の2社がタッグ

自動配送ロボットの開発を手掛ける米Nuroと、半導体設計大手の英Armが自動運転技術の高度化に向けタッグを組んだ。低電力で動作可能なArm製品でエッジ側ソリューションを構築し、性能向上や商用化を促進していく狙いだ。 自動運転業...

Uber Eatsの自動配送ロボ、いよいよ日本で稼働!最高時速は「早歩き」程...

Uber Eatsがいよいよ自動配送ロボットの稼働開始を発表した。配送ロボットを使ったフードデリバリーの取り組みはアメリカに次いで2カ国目。日本の道路は世界的にもしっかりと整備がされており、配送ロボットがトラブルなく自動走行をしてい...

自動運転ラボ主宰の下山哲平がUber Eatsの自動配送について、TBS「N...

自動運転ラボを運営する株式会社ストロボ(本社:東京都港区)の代表取締役である下山哲平が、2024年3月5日放送のTBSの報道・情報番組「Nスタ」にて取材協力を行いましたので、お知らせいたします。 ■サービス提供、「いかに早く、より...

ライドシェア解禁、Uber Eatsとの「二刀流」で高収入は可能?

2024年4月スタート予定の自家用車活用事業(仮)に向け、タクシー事業者による一般ドライバーの求人が増加傾向にある。 タクシー事業者管理のもとサービスを提供する形式であり、一般ドライバー視点ではさまざまな制限が設けられるためド...