車両は日産EV!中国の大都市圏で初の自動運転タクシー実証

2017年創業のWeRide社など





出典:WeRide公式サイト

ついに中国の大都市圏でも自動運転タクシー(ロボットタクシー)の試験運用がスタートした。

試験運用が行われるのは広東省広州市で、自動運転レベル4(高度運転自動化)の開発に特化する中国企業WeRideが実施主体。WeRide社は本社を広州市に置く2017年創業のベンチャー企業で、お膝元で自動運転タクシーの実証を行うという形だ。







車両は日産の電気自動車(EV)が採用されている。WeRideは過去にルノー・日産自動車・三菱自動車工業が設立した戦略的ベンチャーキャピタルファンド「アライアンス・ベンチャーズ」から3000万ドル(約33億円)を資金調達した経緯がある。

利用者は「WeRide Go」というスマホ向けアプリを使って自動運転タクシーを配車する形で、中国のタクシー大手Baiyun Taxi Groupとともに試験運用に取り組む。今回の試験運用のスタートに合わせ、広州市の住民らには200中国元(約3100円)のクーポンが配られたようだ。

自動運転タクシーは2018年12月にグーグル系ウェイモが初めて商用サービスを開始した。現在はウェイモに続いて商用サービスを本格的にスタートするのがどの企業か注目が集まっており、その候補の1社にはWeRideの名前も挙げられている。

【参考】関連記事としては「中国WeRide、グーグルに続き自動運転タクシーを商用化へ?」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事