テスラ車、セミ自動運転モード中にパトカーと衝突 カリフォルニア州

セダンEV「モデルS」、運転手軽傷


米テスラが販売するセダンタイプの電気自動車(EV)「モデルS」が2018年5月29日、米カリフォルニア州の道路脇に駐車中の警察パトカーに衝突した。運転手は捜査関係者に対し、セミ自動運転モード「オートパイロット」を作動させていた最中に事故が発生したと述べているという。ロイター通信などが報じた。







報道などによると、事故現場はカリフォルニア州内のリゾート地であるラグーナビーチの公道。テスラ車はパトカーの左側面に正面から衝突したとみられる。衝突された警察車両には事故当時誰も乗っていなかった。テスラ車に乗っていた運転手は軽傷を負ったが、命に別状はない。

報道などによるとテスラ社の広報担当者は「オートパイロット機能を作動させているときは、運転手は常にハンドルに手を置き、いつも車両をコントロール下においてほしい」などと呼び掛けているという。

【参考】テスラ社のセミ自動運転モード中の死亡事故は、これまで2016年5月と2018年3月に2回報じられている。詳しくは「自動運転の事故まとめ ウーバーやテスラが起こした死亡事故の事例を解説|自動運転ラボ 」を参照。







関連記事