高速バス大手のWILLER、ベトナムでタクシー配車アプリの提供開始 MaaS事業の一環

ターゲットは駐在員など、まずハノイで1000台規模





高速バス大手のWILLER株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役:村瀨茂高)は2019年6月26日、アジア地域におけるMaaS事業の一環で、ベトナム子会社が新しい交通サービスとして「タクシー配車アプリサービス」の提供を同日から開始したと発表した。







ベトナム子会社の社名はMaiLinh-WILLER社で、ベトナム最大級の交通事業を提供するマイリングループとのジョイントベンチャー(JV)として設立した企業。タクシー配車アプリサービスは同グループのタクシーを使って行い、ターゲットは日本人駐在員や出張者、旅行者などとしている。

アプリはベトナム語と日本語、英語に対応しており、日本語でのカスタマー対応も可能だという。まずハノイで1000台規模で展開し、2020年にはベトナム全省で1万6000台規模となることを目指す。

同社は8月には都市間バスサービスの提供も開始する予定で、10月ごろからはタクシー配車アプリサービスと連携させ、出発地から目的地までの交通を一つのアプリで検索・予約・決済できるようにするという。







関連記事