WILLERや三井物産子会社Car Club、シンガポールで自動運転商用化へ

現地テック企業とコンソーシアムを設立、6月から実証実験





出典:WILLER社プレスリリース

移動関連事業などを手掛けるWILLER株式会社(本社:大阪府大阪市/代表取締役:村瀨茂高)は2019年5月14日、シンガポールで自動運転の商用化に向けた国際コンソーシアムを設立したと発表した。

コンソーシアムは、同社のシンガポール子会社であるWILLERS社と同国のカーシェアリング事業者で三井物産の子会社であるCar Club社、Singapore Technologies Engineering社の3社で設立した。







発表によれば、同コンソーシアムは2019年6月中旬からシンガポール国内の国立公園「ジュロン・レイク・ガーデン」で自動運転の運行サービスに関する実証実験を開始する予定で、既にシンガポール国立公園局と準備を開始したという。

実証実験では3社それぞれに役割があり、WILLERS社はビジネスデザインの企画と運営、Car Club社は運行オペレーション、Singapore Technologies Engineering社は自動運転制御技術と車両のメンテナンスを担当するという。実証実験では仏ナビヤ製の自動運転シャトル「NAVYA ARMA」を使う。

実証実験は来園者などの自動運転に対する受容度や需要の把握のほか、アプリを使ったオンデマンド運行などに関する改善点を洗い出すことも目的であるとされている。発表によれば、無償テスト運行を6か月間行った後、有償での商用運行に2年6か月間取り組むという。

WILLER社は2019年秋から自動運転実証実験を日本でも開始する予定。







関連記事