独VW、米アップルのAI自動運転開発を知る幹部を引き抜き

過熱するヘッドハンティング合戦



ドイツの自動車メーカー大手フォルクスワーゲン(VW)が、米アップルで幹部として自動運転開発プロジェクト「タイタン」に携わっていたAlexander Hitzinger氏を引き抜いていたことが、2019年1月15日までに明らかになった。







報道によれば、Hitzinger氏はVWで自動運転やMaaSなどのモビリティサービスの開発に携わっていく予定だという。

こうした人材の引き抜きは自動運転業界では珍しいことではない。アップルも米電気自動車(EV)大手テスラやグーグルから自動運転エンジニアを次々に引き抜いているという噂もあり、ヘッドハンティング合戦が過熱している。







関連記事