ティアフォー、低速完全自動運転EVの「Postee」発表へ Autoware搭載

第2回自動運転EXPOで公開





低速完全自動運転EVの「Postee」=出典:ティアフォー社プレスリリース

名古屋大学発スタートアップの株式会社ティアフォー(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:武田一哉)は2019年1月15日、東京ビッグサイトで16日に開幕する「第2回自動運転EXPO」において、低速完全自動運転EV(電気自動車)「Postee」を発表すると明らかにした。

発表によれば、低速完全自動運転EVの「Postee」は完全自動運転の無人配達などを想定して開発されたラストマイルデリバリー向けの車両だ。







車内の全ての空間に荷物を搭載可能な構造を有しているほか、車両の前後・左右に4つの荷物扉があり、側面には荷物の投函口も設置されている。

同社が開発するオープンソースの自動運転ソフトウェア「Autoware」(オートウェア)を搭載しており、運転手が不足している地域での有効活用も期待される。







関連記事