米アップル、テスラから自動運転エンジニアの引き抜き続々 スパイ技術者の懸念も? ティム・クック氏の悩みの種

退職者による技術流出もリスク


自動運転開発も手掛ける米アップル(本社:米カリフォルニア/最高経営責任者:ティム・クック)が、テスラ・モーターズから自動運転技術関連のエンジニアを続々引き抜いている。







アップルは2018年に入り、自動運転開発企業であるグーグル系ウェイモから元NASAの自動運転エンジニアを引き抜いたことでも話題になった。このようにアップルは自動運転エンジニアの引き抜きを加速させているが、同社が懸念しているのが引き抜いたエンジニアの中に他社のスパイが紛れ込んでいることだ。

こうした「スパイ」を見つけ出すのは難しい。かと言って優秀な技術者の引き抜きを止めると、業界内で開発競争に遅れを取ることにもつながる。こうした問題をアップルを始めとした企業はどう対処していくのだろうか?

技術流出はスパイだけではなく退職者によっても起きる。2018年7月にはアップルの元エンジニアが自動運転技術を妻のPCにダウンロードし、中国に持ち込もうとして逮捕された。アップルのティム・クックCEOの悩みの種は尽きない。







関連記事