車椅子の送迎、自動運転車両も貢献!VRフォトプロジェクトの内容明らかに

東京2020応援プログラムに認証





プロジェクトの基礎になるサンプルデータ=出典:VRIO 一般社団法人VR革新機構

一般社団法人VR革新機構(本社:東京都千代田区/代表理事:横松繁)は2019年2月1日までに、「車椅子目線で世界へ2020」プロジェクトが東京2020応援プログラムに認証されたと発表した。2019年2月中旬より活動をスタートする。

このプロジェクトはVRフォト(上下左右全方位360°パノラマ写真)によって競技場や交通機関、施設、車乗降場、移動経路や避難経路、バリアフリー環境をウェブに登録するというプロジェクトだ。







具体的には、VRフォトを地図や画像と連動し、最適な移動経路や最適な情報を取得できる専用アプリを開発する。開発費はクラウドファンディングで寄付を募り、東京を中心に2020年夏までに実現を目指す。

VR革新機構では将来的には自動運転車両などとも連携し、より車椅子の移動を便利にさせることも計画している。

【参考】関連記事としては「電動車椅子開発のWHILL、自動運転システムをCES 2019で展示」も参照。







関連記事