ヴァル研究所、地域課題の解決へMaaS分野に向けた新サービス開発

MaaS Tech Japanと協業





経路検索サービス「駅すぱあと」を提供する株式会社ヴァル研究所(本社:東京都杉並区/代表取締役:太田信夫)は2019年2月15日、MaaSコンサルティング事業などを手掛ける株式会社MaaS Tech Japan(本社:東京都千代田区/代表取締役CEO:日高洋祐)とのプロジェクトについて報道発表を行った。







具体的には、人口減少や高齢化、鉄道・バス事業などにおける赤字や担い手不足などの地域の課題解決を目指すため、MaaS分野に向けた新たなサービスの開発に向けて協業していくという。

発表によれば、ヴァル研究所はサービスの開発部分を、MaaS Tech Japanは国内外のモビリティサービスについての知見などを活かして施策部分を担当するという。両者は「日本版MaaSを実現していきます」としている。

ヴァル研究所は、小田急電鉄との自動運転バスの実証実験に合わせたMaaSトライアルのほか、シェアサイクルと公共交通の複合経路検索サービスの開発などに取り組んでおり、日本国内におけるMaaS系プレイヤーの一社として存在感を高めている。

【参考】関連記事としては「【日本版】MaaS系サービスに取り組む企業・団体まとめ」も参照。







関連記事