UDトラックス、自動運転レベル4の走行デモを披露 LiDARなどのコアセンサー搭載

港湾内や工場内などの限定領域想定


出典:UDトラックス

6段階に分かれる自動運転レベルの上から2つ目、自動運転レベル4(高度運転自動化)の技術を搭載した大型トラックの走行デモンストレーションが、2018年12月12日に開催された。開催したのはUDトラックス株式会社(本社:埼玉県上尾市/代表取締役社長:酒巻孝光)だ。

自動運転レベル4は、限定領域内において無人走行が可能な段階を指す。UDトラックスによるこの日のデモは、港湾内や工場構内、物流施設などでの走行を想定して行われ、発進・停止やUターン、バック走行などもお披露目された。







自動運転トラックには「自動運転の目」とも呼ばれるLiDARのほか、カメラやGPSなどの重要センサーが搭載され、自動運転ソフトウェアによって無人走行を行った。







関連記事