東芝デバイス、画像認識を低消費電力で実現するAI搭載プロセッサーを展示 自動運転やADAS向け

横浜で開催の「人とくるまのテクノロジー展2019」で





出典:東芝デバイス&ストレージプレスリリース

東芝デバイス&ストレージ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:福地浩志)は、5月22日から24日の3日間開催される「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」に出展すると発表した。

ADAS(先進運転支援システム)と自動運転技術に関しては、画像認識を低消費電力で実現するプロセッサーとしてAI(人工知能)搭載の「Visconti」を紹介する。移動体を高精度で追跡する先端技術などが強みだという。







コネクテッド関連では、次世代車載ネットワークへ容易に対応できる車載イーサーネットブリッジICを紹介するという。

東芝グループのブースの小間番号は「160」。詳しい展示内容は「https://toshiba.semicon-storage.com/jp/design-support/exhibition/car19.html」も参照。







関連記事