テスラの自動運転機能「オートパイロット」、赤信号進入で警告が発されるアップデート

数カ月前に搭載示唆するツイート





米電気自動車(EV)大手テスラの自動運転機能「オートパイロット」が2019年3月25日までに最新版に更新され、赤信号を運転手に警告する機能が搭載された。米Mashableが報じた







報道などによれば、この機能は運転手が手動で運転しているとき向けのもので、赤信号なのに交差点に進入しようとすると、運転手に対して警告が発されるというもの。

テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は数カ月前、信号に関する新機能を搭載することをTwitterを通じて示唆していた。







関連記事