ソフトバンク、ウーバーイーツに自動運転宅配車両を活用か 米ニューロに1040億円出資

ビジョン・ファンドを通じ出資





出典:ニューロ社公式サイト

ウーバーイーツの将来の姿は、自動運転車による無人宅配!?

米ウーバーの筆頭株主であるソフトバンクグループが2019年2月12日までに、宅配用の自動運転車両を開発する米スタートアップ企業のニューロ(Nuro)に9億4000万ドル(約1040億円)を出資していたことが分かった。







この出資からは、ソフトバンクがニューロの自動運転車両をウーバーの料理配達サービス「ウーバーイーツ」に利用するといった計画が浮かびあがる。

ニューロはグーグル系ウェイモ出身のエンジニアが2016年に創業したスタートアップ企業で、米スーパーマーケット最大手のクローガーと提携している。既にアメリカ国内で自動運転車両による宅配サービスをスタートさせており、物流・小売業界でも注目の存在となっていた。

出資はソフトバンクの10兆円ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」(SVF)を通じて行われた。







関連記事