元グーグルのエンジニア、AI自動運転車で食料品配達サービス トヨタのプリウスをまず活用 アメリカのスーパー大手クローガーとタッグ

1回の配達料金は700円


出典:Nuro社公式サイト

自動運転車を使った食料品の配達サービスが2018年8月16日、米アリゾナ州でスタートした。スーパーマーケット大手クローガー(Kroger)と自動運転技術を開発するスタートアップ企業ニューロ(Nuro)がパイロットプロジェクトとして開始したもので、先進的な取り組みとして世界から注目を集めている。

まずトヨタ自動車のプリウスをベースにしたAI自動運転車でサービスを提供する。クローガーを利用する買い物客は、インターネットやスマートフォンのアプリを通じて商品を注文でき、1回700円弱の料金を支払えば自動運転車での配達を依頼できる。







ニューロはグーグル系ウェイモ出身のエンジニアが創業したスタートアップ企業。2017年の創業から1年足らずで既に100億円以上の資金調達を果たしており、アメリカの自動運転スタートアップ業界において存在感を高めていた。







関連記事