ソフトバンク、5Gコネクテッドカー開発向け検証環境を構築 ノキア製通信機器使用

本田技術研究所のテストコースに実験基地局


ソフトバンク株式会社(本社:東京都港区/取締役会長:孫正義)は2018年12月3日、第5世代移動通信システム(5G)を活用するコネクテッドカー(つながるクルマ)の開発向け検証環境を構築したと発表した。同社はこの検証環境の構築について「世界初」としている。

発表によれば、北海道にある本田技術研究所のテストコースに実験基地局を設置。5Gの標準化団体である「3GPP」の規格に準拠したノキア製の通信機器を使用し、5Gネットワークの構築を行ったという。







出典:ソフトバンク社プレスリリース

構築した環境では高精細な4K映像を伝送することが可能とされ、報道発表では「今後、車両に搭載した実験用端末に映像を伝送する検証に取り組んでいきます」としている。

ソフトバンクと本田技術研究所は2017年11月、5Gを活用したコネクテッドカー技術の共同研究を開始することを発表している。今回の取り組みはその一環。

【参考】関連記事としては「自動運転とデータ通信…V2IやV2V、5Gなどの基礎解説」も参照。







関連記事