飛行機もバスも!シンガポールから奈良、MaaSアプリでカモン!

2019年10〜12月に実証実験、デンソーなど





飛行機を含むさまざまな交通機関を一元化し、シンガポールから奈良までを結ぶ「観光型MaaS」の実証実験が、2019年10月1日から12月末にかけて実施される。

飛行機とリムジンバス、奈良市を周遊するバス、タクシーなどの交通機関をスマートフォンで検索・予約・決済できるようにする。この観光型MaaSの名称は「くるり奈良」で、インバウンドの訪日観光客の移動の利便性を高め、周遊や滞在時間の拡大を促すことが目的だ。







ユーザー体験の流れ(イメージ)=出典:デンソープレスリリース

実証実験は複数企業と団体が連携して実施する。具体的には、電通国際情報サービスとデンソー、奈良交通、米企業のActiveScalerに加え、一般社団法人「運輸デジタルビジネス協議会」の5者。奈良市観光協会も観光情報の提供で協力するという。

実証実験では、奈良でSNS映えする画像をAI(人工知能)が自動配信するウェブアプリ「くるり奈良Web」と、交通手段の検索・予約・決済などが可能なスマホ向けアプリ「IMRIDE(アイエムライド)」が活用される。IMRIDEはシンガポール国内の交通機関のルート探索などにも対応する。

【参考】関連記事としては「MaaS実現を目指す各陣営と地域プロジェクトまとめ」も参照。







関連記事