ハンドルがない自動運転バスを祭り客の足に!SBドライブ、対馬市で実証実験

車体は仏ナビヤのNAVYA ARMA





出典:SBドライブ社プレスリリース

ソフトバンク子会社として自動運転関連事業を展開するSBドライブ株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長兼CEO:佐治友基)は2019年8月3~4日の2日間、ハンドルがない自動運転バスの実証実験を長崎県対馬市の公道で実施する。

使用する自動運転バスはフランス企業ナビヤ社の「NAVYA ARMA(ナビヤ・アルマ)」で、実証実験は対馬市と明治大学と共同実施という形だ。







実証実験は「対馬厳原港まつり」に来場する人たちに自動運転バスを無料利用してもらう形で実施され、「厳原地方合同庁舎」と祭りの会場を往復するルートで運行される。

実証実験は自動運転バスの受容性の拡大や実用化への課題整理などが目的とされている。







関連記事