埼工大開発の自動運転バス、AIバスの公道試乗体験会を実施!レベル3で走行

県議会議員や加須市長、市民約200人が体験





出典:埼玉工業大学プレスリリース

自動運転バスの開発を手掛ける埼玉工業大学(本部:埼玉県深谷市/学長:内山俊一)は2019年11月10日までに、「加須市騎西銀杏祭2019」で行われた「AIバス体験試乗会」の開催に協力したと発表した。

加須市騎西銀杏祭2019は、埼玉県加須市外川地内の騎西総合公園・騎西総合体育館で2019年11月3日に開催された市民が主役のイベントだ。







AIバス体験試乗会は、この加須市騎西銀杏祭2019と騎西文化祭のイベント会場をつなぐ、往復約1.2kmの公道でドライバー搭乗のもとに行われ、合計16回運行された試乗会の第1便には埼玉県議会議員や加須市長らも乗車し、合計で市民約200人が自動運転を体験した。

このAIバス体験試乗会で使用された車両は、マイクロバス「リエッセⅡ」をベースに「自動運転AI(AIPilot/Autoware)」を実装し、AI(人工知能)技術を本格的に活用した自動運転バスだ。ハンドルとアクセル、ブレーキはAIで自動制御され、公道を自動運転レベル3(条件付き運転自動化)で走行でき、最高速度は時速45kmだという。

同車両の開発には株式会社ミクニライフ&オート(本社:埼玉県加須市/代表取締役社長:大西浩樹)が協力した。

【参考】自動運転レベル3については「【最新版】自動運転レベル3の定義や導入状況は?日本・世界の現状まとめ」も参照。

埼工大はこのイベントにも使用された自動運転バスの試乗会を2019年8月に開催しており、バス専用レーンだけでなく、一般公道を走行できる実用的な自動運転車両の開発と商用化に取り組んでいる。







関連記事