amsの自動運転向けセンサー、日本で販売!距離測定や位置測定に

東京エレクトロンデバイスが代理店契約





出典:東京エレクトロンデバイス社プレスリリース

技術商社の東京エレクトロンデバイス株式会社(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長:徳重敦之)は、センサー開発・製造を手掛けるオーストリア企業amsと販売代理店契約を締結し、ADAS(先進運転支援システム)と自動運転システム向けのセンサー製品を2019年11月7日より日本で販売開始すると発表した。

ams社では、最先端のセンシング技術を施した2D(2次元)・3D(次元)ビジョン用近赤外レーザー照明やLiDAR(ライダー)用レーザー光源・ドライバ、回転角センサーなどを製造しており、同社の製品を複合的に使うことで、距離測定や位置測定、モーター制御、スマート照明などの技術の確立や車載システムの開発が可能となる。







近年、世界各国でADASの標準搭載を義務化する流れが進んでいる。ADASにおいても自動運転においてもレーダーやカメラ、レーザーなどのセンサーは重要な存在だ。1台に搭載されるセンサーの数も増えていく可能性が高い。

2018年6月に矢野経済研究所が発表した「ADAS/自動運転用センサ世界市場に関する調査(2018年)」によると、2025年のADAS・自動運転用センサーの世界市場規模は2兆9958億円に達する見込みだ。報道発表によると、東京エレクトロンデバイスでは今後3年間でams社製品の販売目標を30億円としている。







関連記事