半導体大手ルネサス、ADAS向けスマートカメラ用の物体認識ソリューションを提供

米ストラドビジョンと共同開発





出典:ルネサスエレクトロニクス・プレスリリース

半導体大手のルネサスエレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:柴田英利)は2019年9月26日、ディープラーニング(深層学習)を活用して物体認識を行うADAS(先進運転支援システム)向け車載スマートカメラ用ソリューションの提供をスタートすると発表した。

このソリューションは視覚認識技術に強みを持つ米ストラドビジョン(StradVision)社とともに共同開発したもので、ストラドビジョンの高精度の物体認識ソフトウェアをルネサスの車載用SoC「R-Car」に最適化させたという。両社は報道発表で、量産車への搭載も可能になったことを説明している。







ルネサスエレクトロニクスのテクニカルカスタマーエンゲージメント統括部で統括部長を務める吉田直樹氏は新ソリューションについて「次世代ADASの実現と普及に寄与し、今後急増する車載カメラの要求に対応えることができると確信しています」としている。

今回発表した新ソリューションは2020年初頭から提供を開始する予定のようだ。







関連記事