パナソニック、広い本社で自動運転ライドシェアサービス!社員向けに提供

移動負担を軽減、センサーとAIで人や障害物検知





出典:パナソニックプレスリリース

電機大手のパナソニック株式会社(本社:大阪府門真市/代表取締役社長:津賀一宏)は2019年10月17日、本社エリアで社員向けの自動運転ライドシェアサービスをスタートさせたことを発表した。

パナソニックの社員は広い敷地内のさまざまな建屋を日常的に移動している。今回導入した自動運転ライドシェアサービスは、移動にかかる肉体的な負担や心理的な負担、時間を浪費することによる経済的損失などを減らすことを目的としたものだ。







自動運転ライドシェアサービスは本社エリアで働く1万人以上の社員を対象としたもので、本社エリア内の規定コースを周回する形で運行される。

出典:パナソニックプレスリリース

1周の距離は2.4キロで、利用希望者は専用アプリや専用サイトを通じて予約を行い、運行は需要に応じて行われるものだという。

自動運転車はカート型のものが利用され、遠隔管制センターで監視を行いながら遠隔オペレーターによる乗車サポートも行われる。自動運転車はセンサーやAI(人工知能)を活用して人の検知や安全走行を行い、緊急時は遠隔管制センターからの運転操作も可能だという。







関連記事