無人駐車実現!パナソニック、自動バレーパーキングのシステム開発 自動運転レベル4

車載センサーや2次元マップを活用





出典:パナソニック社プレスリリース

車載エレクトロニクス関連事業などを展開するパナソニック株式会社オートモーティブ社(本社:神奈川県横浜市/社長:楠見雄規)は2019年10月11日、管制サーバーを介して無人走行での駐車が可能な「無人自動バレーパーキングシステム」などを開発したと発表した。

この無人自動バレーパーキングシステムでは、自動運転レベル4(高度運転自動化)相当の技術が導入されている。このシステムでは、車両に搭載するセンサー類や駐車場の停止線や駐車線などの情報を含む2次元マップを使い、車両間隔が20センチという「極狭空間」(報道発表)に駐車することが可能だという。







同社はまたこのシステムについて、駐車場での事故低減が安価に実現できることやドライバーの駐車の負担を無くすこと、離れた場所や狭い空間も駐車場として利用しやすいことなどを挙げている。

自動バレーパーキングは、ドイツの自動車部品メーカーであるボッシュや日本の日立なども開発に力を入れている。既に海外の一部エリアでは導入も開始されており、今後は世界的に開発企業が増えてきそうな領域だ。







関連記事