OTSL、「COSMOsim」のエコシステム強化 自動運転向け3Dリアルタイム・センサ・シミュレータ製品群

独COSEDA Technologiesなどと協業





近距離無線システムなどの開発・販売を手掛ける株式会社OTSL(本社:愛知県名古屋市/代表取締役兼CEO:波多野祥二)は2019年7月12日、自動運転向け3次元(3D)リアルタイム・センサ・シミュレータ製品群「COSMOsim(コスモシム)」のエコシステムを強化すると発表した。







自動運転関連の先進技術を有するドイツのCOSEDA Technologies社、アメリカのVector Zero社、フィンランドのAILiveSim社と協業体制を確立し、COSMOsimのエコシステムの強化に努めるという。

COSMOsimについてOTSL社は「ミリ波レーダ、LIDAR、カメラ、赤外線、超音波の各センサに対応した5種類のシミュレータを、単一の画面上でリアルタイムに同時稼働させることができる世界で唯一のプラットフォーム」と説明している。

仮想空間における走行ではさまざまな条件やシーンを再現できるため、現在は自動運転の実用化に向け、自動車メーカーやシステム開発会社などが仮想的なシミュレーション実証に力を入れている。

同社は「最先端技術を持つ世界の企業との協業を通じてエコシステムを構築することで、優れた自動運転向けシミュレーション環境の早期実現を目指します」としている。







関連記事