OTSL、赤外線やカメラに対応した自動運転向けシミュレータの発売開始

既存商品向けて5種類のセンサーに対応


出典:OTSL社プレスリリース

近距離無線システムや組込みシステムなどの開発・販売を行う株式会社OTSL(本社:愛知県名古屋市/代表取締役兼CEO:波多野祥二)は2018年10月17日、赤外線やカメラ、超音波の各センサーに対応した自動運転向けのシミュレーター3製品の販売を開始すると発表した。

OTSLは2017年、ミリ波レーダとLiDARのシミュレーターを販売しており、3製品はこれに続くものだ。同社は全5種類のシミュレーター製品で、自動運転向けのあらゆるセンサー方式に対応していきたい考えだ。







新製品として追加された赤外線シミュレーターは、夜間や雨・雪などに強い赤外線センサの特徴を活かし、道路上のあらゆる物体認識を実現させる。そしてそのデータを3Dマップに重ね、どんな方向へどんな速度で物体が動いても、リアルタイムに可視化することができるという。

カメラシミュレータは、レンズごとに異なる光学特性を詳細設定することで、画像のゆがみなどを補正できることが特徴。反射防止コーティングの有無なども設定もできるという。超音波シミュレーターは超音波の照射角度や強度などを自由に設定できるようだ。

シミュレーターを使うと、自動車メーカーなどは実車による公道テストを行わなくても走行を再現できる。同社は自動車メーカーやシステムメーカー、半導体メーカなどへの販売に力を入れていくとみられる。







関連記事