日産とDeNA、今年も自動運転サービス「Easy Ride」実験を開始

みなとみらいで一般モニターが試乗



出典:横浜市プレスリリース

日産自動車株式会社(本社:神奈川県横浜市/社長兼最高経営責任者:西川廣人)と株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区:代表取締役社⻑兼CEO:守安功)は、共同開発中の無人運転車両によるモビリティサービス「Easy Ride(イージーライド)」の実証実験を横浜市みなとみらい区で2019年2月19日から開始した。

Easy Rideはアプリ1つで自動運転車を配車し、好きな目的地まで自由に移動できるモビリティサービスだ。実証実験は2018年の実施に続く2回目で、対象エリアを拡大し、配車アプリで目的地を自由に指定できるなど、より実際のサービスに近い形で行われる。このモビリティサービスには将来的に支払い機能も導入される予定となっている。







【参考】両社のEasy Rideに関する取り組みについては「日産のワクワク自動運転戦略 車線変更技術とEasy Rideに秘める可能性」も参照。







関連記事