京セラ、CEATECで最新の「目」を紹介 自動運転関連技術を披露

AIカメラやV2I路側機も!





出典:京セラプレスリリース

京セラグループは、2019年10月15日から4日間の日程で開催される最先端IT・エレクトロニクス総合展「CEATEC 2019」に出展し、自動運転に関連する技術などを紹介することを発表した。

京セラのブースは5つのブースに分かれており、そのうちの一つが「モビリティ」。モビリティブースでは自動運転の「目」となる「カメラ-LIDARフュージョンセンサ」や、歩行者や自動車の高精度な検知を可能とする「AI認識カメラ」などを展示するという。







そのほか、交差点の信号情報や周辺情報の収集・配信を通じて人とクルマの協調制御を担う「V2I路側機」のほか、逆光や夜間にも強い「FIR(遠赤外線)カメラ」なども紹介するようだ。

CEATEC 2019は10月15日から18日の午前10時から午後5時にかけて、千葉県千葉市の幕張メッセで開催される。京セラのブースは「デバイス&テクノロジー ホール7 小間番号 H020」。京セラはCEATEC 2019向けの「専用ページ」も開設している。







関連記事