福島県いわき市、カーシェアで地域活性化 JR東やタイムズ24などと

駅と観光スポット間の移動手段に



福島県いわき市が民間3社と共同で「カーシェアリング官民共創実証事業」に取り組んでいる。いわき市内の駅や観光スポットにカーシェアリングステーションを設置し、観光需要の促進を通じて地域の活性化を目指すというものだ。

参加するのは東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区/取締役社長:深澤祐二)=JR東日本=の水戸支社、スパリゾートハワイアンズなどを運営する常磐興産株式会社(本社:福島県いわき市/取締役社長:井上直美)、タイムズ24株式会社(本社:東京都千代田区/取締役社長:西川光一)の3社。







実証事業は4年間の長期計画で、2019年3月27日から開始している。具体的な取り組みとして、まずJRいわき駅とJR湯本駅、スパリゾートハワイアンズの3か所にカーシェアリングステーションを設置し、9台の車両を用意する。駅と観光スポット間の移動手段として活用し、利用客の利便性向上につなげる。

出典:パーク24プレスリリース
■タイムズカープラスを活用して提供

サービスはタイムズ24が運営するタイムズカープラスを活用して提供する。カーシェアの需要を活性化させるために4者は連携し、3つのユーザー優待を用意している。

1つ目の優待はカーシェアリングが安く利用できる「ドライブチェックイン」だ。カーシェアを予約して観光施設をチェックイン先に指定、実際に一定時間滞在すると次回利用時に使える割引チケットが発行される。

2つ目の優待は、いわき市内の対象観光施設15か所で特典を得られるというものだ。タイムズカープラス車両のキーホルダーを入場時に提示するだけで、入場料の割引やグッズプレゼントといった特典を受けられる。

3つ目の優待は首都圏から鉄道でやってくる観光客を対象とした「Suicaレール&カーシェア」。カーシェア料金を割引し、JR東日本の交通媒体を活用した広報活動も行うことで観光需要を創出し地域の活性化につなげる。

このような地域の観光資源を活用した利用方法のほかに、いわき市の公用車として活用する予定もあるという。実験期間中にステーションが増えれば、地域住民の足としても活用できるようになるだろう。







関連記事