フィールドオート社、5G自動運転の2台同時実験に協力 システム監視者として同乗

埼玉工業大学発ベンチャー





システム監視者を担当した埼玉工大の大学院生(左)と渡部社長(右)=出典:フィールドオートプレスリリース

埼玉工業大学発ベンチャーの株式会社フィールドオート(本社:埼玉県深谷市/社長:渡部大志)は2019年2月15日、次世代通信規格「5G」を活用した複数台の遠隔監視型自動運転の実証実験において、株式会社ティアフォーと連携して自動運転車のシステム監視などを担当したと発表した。

実証実験は愛知県一宮市の公道で2月9日に実施され、埼玉工業大学の大学院生がシステム監視者として自動運転車の助手席に座った。自動運転車には愛知県の大村秀章知事や一宮市の中野正康市長が試乗し、最先端の技術を体感した。







実証実験では、運転席に人が座っていない自動運転車2台が時速30キロで同時に走行した。これまで国内の遠隔走行では時速20キロが試験認可の限度だったが、高速で低遅延が特徴の5G回線を活用することで、時速30キロでの遠隔走行が認められた。







関連記事