デンソー、二輪シェア事業の米ボンド・モビリティに出資 MaaS事業を強化

都市型MaaSのニーズや課題を抽出



ボンド・モビリティ社のシェアサービスで使われている二輪車=出典:デンソープレスリリース

株式会社デンソーは2019年5月2日、マイクロモビリティのシェアサービスを展開する米ボンド・モビリティ社に出資したことを発表した。

デンソーはMaaS領域において、国内外の企業との戦略的パートナーシップの構築を積極的に進めており、今回の出資については「乗用車だけでなく2輪車なども活用した総合的な都市型MaaSにおけるニーズや課題を抽出し、技術開発をさらに加速させます」としている。







ボンド・モビリティ社は現在、スイスのチューリッヒ市とベルン市で「eバイク」と呼ばれるスポーツタイプの電動アシスト付自転車を使ったシェアサービスを展開している。同社はデンソーからの出資を受け、展開地域の拡大や外部サービスとの新たな連携などに取り組むようだ。

デンソーは報道発表で「今後も、クルマに乗る人だけでなく、クルマを持たない人にも、安心・安全で便利な移動手段の提供を目指し、国内外の仲間作りに積極的に取り組むことで、MaaSの実現に貢献していきます」としている。

出資額については明らかにされていない。







関連記事