カナダ企業BlackBerryとデンソー、統合コックピットシステムを共同開発

「Harmony Core」開発にSUBARUも協力





出典:BlackBerryプレスリリース

自動運転領域でも事業展開を加速するカナダのブラックベリー(BlackBerry)社は2019年9月11日、日本のデンソーと統合コックピットシステム「Harmony Core」を共同開発したと発表した。

報道発表によれば、このコックピットシステムは複数のHMI(ヒューマン・マシン・インターフェース)を連携させ、運転手の利便性を高めることを目的に開発された。今年の秋からアメリカ国内で販売されるSUBARUの「新型レガシィ アウトバック」に搭載されるという。







Harmony Coreの開発にはSUBARUも協力している。具体的には車室内環境や操作性などのUI(ユーザーエクスペリエンス)の面で協力したようだ。また、Harmony CoreにはBlackBerry社の仮想化技術「QNX Hypervisor(ハイパーバイザー)」が初めて搭載されたという。

両社は今回発表したHarmony Coreについて、「特性の異なるOSで作動する複数のHMI製品を一つのマイクロコンピューターで制御することで、シームレスに連携させ、ドライバーの利便性の向上に貢献しています」と説明している。







関連記事