全国で稼働1万台突破!JapanTaxiの決済機付きタブレット、Visaのタッチ決済にも対応

展開タブレット、今月末には計2万台に





出典:JapanTaxiプレスリリース

タクシー配車アプリ事業を手掛けるJapanTaxi株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役社⻑:川鍋一朗)は2019年9月11日、タクシー後部座席に搭載する「決済機付きタブレット」の稼働が、全国で1万台を突破したと発表した。

同社は後部座席向けのタブレット端末「JapanTaxiタブレット」として、「決済機付きタブレット」と「広告タブレット」の2種類を展開している。このうち今回発表対象の「決済機付きタブレット」は2018年9月から全国展開しており、スタート1年で1万台の大台にのったことになる。







この「決済機付きタブレット」はカードや交通系ICなど複数の決済手段に対応しており、今後は新たな決済手段として海外で普及が進む「Visaのタッチ決済」も加わるという。既に実証実験を全国各地で始めており、秋ごろから全国の該当端末で利用できるようにする。

同社は今回のプレス発表で、「決済機付きタブレット」と「広告タブレット」の合計稼働数が今年9月末には全国で2万台規模となる予定だとしている。







関連記事