自動運転AIにも!AI学習データの収集・作成プラットフォーム「Lionbridge AI」がローンチ

米Lionbridge Technologiesが提供





AI関連事業などを手掛ける米Lionbridge Technologiesは2019年6月7日までに、AI学習データの収集・作成プラットフォーム「Lionbridge AI」を正式ローンチしたことを明らかにした。

過去に買収によって取得したAI学習プラットフォーム「Gengo AI」の機能を拡張した上で名称変更した形。







新たに対応できる分野には「位置情報取得の検証」なども含まれている。この位置情報取得の検証については報道発表で「ナビゲーション技術を向上させるために、地図や道路情報を検証するサービスを提供します」とされており、自動運転AIへの応用にも触れられている。

出典:ライオンブリッジジャパン株式会社プレスリリース

また今回のローンチに合わせ、同プラットフォームの対応言語が37種類から300種類に大幅に増加されたことも明らかにされた。







関連記事