運転手の挙動をAIが解析!DeNA、交通事故削減へ商用車向けサービス「DRIVE CHART」を提供

事故率、トラックで48%改善





モビリティ事業も手掛ける株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋⾕区/代表取締役社長兼CEO:守安功)は2019年6月4日、AI(人工知能)とIoTを活用した商用車向けの交通事故削減支援サービス「DRIVE CHART(ドライブ チャート)」の提供をスタートさせたことを発表した。

同サービスはドライバーの運転特性を把握・改善するためのもの。専用カメラが写した車内と車外の映像や加速度センサー、GPS(全地球測位システム)などのデータをAIが解析することでドライバーの運転の危険度などを測ることができるという。







出典:DeNAプレスリリース

そしてこうしたデータをドライバー自身と管理者の両方で把握し、運転の振り返りや指導などに取り組むことで交通事故を減らすことにつなける。これまでに実施した導入実験では、一定期間の事故率が過去5年の平均比と比べてタクシーで25%、トラックで48%改善したという。

同社は報道発表で、事故の削減には「自動運転化」と「運転ミスを起こさせないよう人の能力を拡張する」という2つのアプローチがあると指摘。今回の取り組みは後者の取り組みだという。







関連記事