JR東日本、新幹線試験車両「ALFA−X」の自動運転化へ研究

山手線では自動運転化チームが発足


JR東日本が公表したALFA−Xのデザイン=JR東日本プレスリリース

東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:深澤祐二)=JR東日本=は2018年10月5日までに、新幹線の試験車両「ALFA−X」のデザインや開発状況についての報道発表を行った。その中で、将来的な自動運転技術の搭載を目指すため、列車運転に必要なさまざまな制御の自動化についての研究開発を加速させていることを明らかにしている。

新幹線を始め、列車の運転には出発時や停止時、高速走行時に、加速や惰⾏、減速などの制御が必要になる。それぞれの局面で自動化を実現するためには入念な実証実験が不可欠で、JR東日本は中長期的な目線で取り組みを行っていくこととみられる。







JR東日本は東京都心の山手線を自動運転化する計画を立てている。2018年内に実現に向けた具体案を策定するため、すでに社内で導入に向けた検討チームを発足させている。山手線自動運転化の背景には、JR東日本のベテラン乗務員が不足しているという問題がある。新幹線の自動化でも同様の効果が見込める。またJR東日本はすでに「ゆりかもめ」などで自動運転技術を採用している。







関連記事