愛知県の大村秀章知事、自動運転政策について名古屋商工会議所との懇親会で説明

次世代自動車技術で激アツ地域


愛知県の大村秀章知事は2018年9月25日、名古屋商工会議所(会頭:山本亜土)が開いた愛知県との懇談会に出席し、自動運転などの産業政策について出席者に向けて説明したようだ。日経新聞などが報じた。中小企業に対する支援や観光振興についても意見交換。名古屋商工会議所との協力体制を今後強化していくものとみられる。







愛知県と名古屋市は自動運転業界において一際その存在感が大きい。自動運転ソフトウェア「Autoware」を開発するスタートアップ企業のティアフォー社は名古屋大学から誕生し、愛知県に本社を置くトヨタ自動車も自動運転やコネクテッド技術の開発に力を入れている。







関連記事