AIや自動運転などテーマに? DeNAが先端技術研究の新組織 社員応募型

新規事業の創出にも弾み


株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長兼CEO:守安功)は2018年8月6日、最先端技術に関するR&D(研究開発)組織を新たに設置したことを発表した。新技術のスムーズな事業化により、同社が力を入れている自動運転分野でのさらなる飛躍に期待が寄せられる。







同社はゲームやEコマース、オートモーティブ、ヘルスケア、スポーツなど幅広い領域での挑戦を続ける中、新技術の早期実用化を図るため、既存の開発現場とは別に最先端技術の研究開発と事業化への発案に集中できる集団として、R&D組織の設置を決めた。新組織はシステム本部技術開発室が中心となり、全社員からの提案を対象に新技術の研究開発に取り組む。

【参考】詳しくはDeNAのプレスリリース「最先端技術の研究開発による事業貢献を目的としたR&D組織を設置」も参照。自動車関連事業については公式サイト内の「DeNAオートモーティブ事業」も参照。

DeNAは自動運転分野においては、無人運転車両で自由な移動を実現するEasy Ride(イージーライド)プロジェクトを日産自動車と共同で進めているほか、ヤマト運輸と共同で進めている次世代ロボット物流プロジェクト「ロボネコヤマト」など、さまざまな取り組みを進めている。

そのほか、カーシェアプロジェクトやカーシェアリングアプリ、AI(人工知能)の活用によりタクシー利用者と空車のタクシーのマッチング精度を向上させるスマートタクシープロジェクト、自動運転バスの実用化に取り組むロボットシャトルプロジェクトにも取り組む。

R&D組織の設立により、こういった自動運転関連プロジェクトの研究開発の加速化も期待され、さらなる新規事業の創出にも弾みがつきそうだ。







関連記事