大和自動車交通、台湾のタクシー業者と提携 双方の配車アプリを双方のユーザーに

両社で実証実験がスタート


出典:大和自動車交通プレスリリース

首都圏でタクシー配車事業を手掛ける大和自動車交通株式会社(本社:東京都江東区/代表取締役社長:前島忻治)は2018年8月6日、台湾のTaiwan Taxi社(本社:台北市/董事長:林村田)と業務提携したと発表した。

両社は日本人と台湾人がそれぞれ旅行先の台湾と日本において、よりその国のタクシーや空港送迎サービスを利用しやすいようにすることを目指す。







具体的には、日本人は大和自動車交通ホームページやアプリからTaiwan Taxiのタクシー配車や空港送迎サービスを予約できるように、逆の場合も同様に台湾人が日本で便利にこうした仕組みでサービスを利用できるようにするようだ。

つまり日本人と台湾人それぞれが台湾と日本に海外旅行をしにいっても、使い慣れたアプリでタクシー予約などが可能になるということだ。報道発表では「当業界において前例のない画期的なサービス」としている。

実証実験は8月6日に既にスタートしている。

【参考】タクシーの配車サービスは日本で関心が高まっている。ソフトバンクは中国ライドシェア大手の滴滴出行(Didi Chuxing)と合弁会社を設立し、中国人など向けにタクシー配車サービスを大阪でこの秋からトライアルスタートする。詳しくは「【速報】ソフトバンク、秋から大阪でタクシー配車サービス 中国ライドシェア滴滴出行と無償トライアル|自動運転ラボ 」も参照。







関連記事