半導体大手NVIDIA、9月13〜14日にAI開発者カンファレンス 自動運転技術も登場

エキスパートと交流できるチャンス


米半導体大手のエヌビディア(NVDIA)が2018年9月13日(木)14日(金)の2日間、日本最大のAI開発者カンファレンス「GTC(GPUテクノロジカンファレンス) Japan 2018」を開催する。

NVIDIAは自社の半導体をベースにAIプラットフォームや自動運転プラットフォームも提供している。NVIDIAの技術をベースに自動運転車の開発に取り組む企業や組織は、トヨタ自動車など370にも及ぶ。

今年で10回目となる「GTC Japan 2018」は過去最大の規模で実施される。NVIDIA創業者のジェンスン・フアン最高経営責任者(CEO)による基調講演のほか、AIや深層学習(ディープラーニング)などをテーマに据えたスピーチやAIスタートアップ企業のプレゼンテーションなどの多彩なプログラムが用意されている。

当日はAIのほか、自動運転やスマートシティ、ヘルスケア、ビッグデータ、ハイ・パフォーマンス・コンピューティング 、VR(仮想現実)などについての最新情報にも触れることができる。NVIDIAの最先端技術を目の当たりにできる貴重な場となりそうだ。

【GTC Japan概要】
イベント名:GTC Japan 2018
主催:エヌビディア合同会社
後援:文部科学省、理化学研究所革新知能統合研究センター、電子情報通信学会 パターン認識・メディア理解研究会、日本メディカルAI学会、日本ディープラーニング協会、アメリカ大使館商務部
日時:2018年 9月 13 日 (木)、14日(金) 10:00〜
場所:グランドプリンスホテル新高輪 国際館パミール
言語:CEOによる基調講演:英語(日本語抄訳)/ その他セッション:同時通訳あり
参加費用:有料(事前登録制)
公式ページ:https://www.gputechconf.jp/
セッション:https://www.gputechconf.jp/sessions.html

【参考】詳細な内容や申し込みは「NVIDIA、GTC Japan 2018開催」から。







関連記事