ヴァレオの自動運転車「Cruise4U」が日本1周 量産車規格満たしたセンサー搭載

3週間で6700キロ走破


つくばテクノセンターに到着したCruise4U=出典:ヴァレオ社プレスリリース

フランスの自動車部品メーカーのヴァレオ(本社:パリ/最高経営責任者:ジャック・アシェンブロワ)は2018年10月18日、同社の高速道路専用自動運転車「Cruise4U」がこれまで挑んでいた自動運転での日本1周ドライブ企画「ハンズオフ・ジャパン・ツアー」を完走したと発表した。

Cruise4Uは2018年10月1日にヴァレオジャパンの「つくばテクノセンター」(茨城県八千代町)を出発し、ヴァレオジャパンの秋田工場、中津工場、九州工場、九州市光工業を訪問したのち、北海道へと北上した。その後進路を南に変え、本州を鹿児島まで南下し、その後北上して2018年10月17日につくばテクノセンターへと帰還した。







日本1周コースの総走行距離は6700キロメートルで、走破に要した期間は3週間。全行程の98%を人の手に頼ることのない「自動運転モード」で走行したのだという。

発表によれば、Cruise4Uにはヴァレオ製のレーザースキャナー「SCALA」6台のほか、フロントカメラ1台やサラウンドビューカメラ4台、コーナーレーダー4台、超音波センサー12個などが搭載されている。いずれも量産車向けの規格を満たしたものだという。

ヴァレオはさまざまな天候の中で得た走行データなどを今後の自動運転技術の開発に活かしていきたい考えだ。

無事6700キロメートルもの距離を走破したCruise4Uのエンジニアたちは、旅の途中で工場を訪問するたびに同僚に温かく迎えられ、自動運転のテクノロジーについて語ったという。







関連記事