ZooxのエバンスCEOが語ったこととは?Amazon傘下の自動運転スタートアップ

ラスベガスなどの都市環境での展開に自信



出典:ブルームバーグ公式YouTube動画

米Amazonの傘下に入り、自動運転業界以外からも大きな注目を集めた米スタートアップ企業のZoox(ズークス)。そんなZooxは2020年12月に自社開発のロボタクシーを発表し、自動運転レベル5(完全運転自動化)を想定した車両として話題となった。

Zooxを現在率いているのは、2019年2月に最高経営責任者(CEO)に就任したAicha Evans(アイシャ・エバンス)氏で、米インテルに勤務していた頃に1万人近くの巨大組織を率いた「伝説の女性」とも言われる人物だ。







このEvans氏が2020年末、ロボタクシーの発表に合わせて米ブルームバーグ通信のインタビューに応じている。

■ロボタクシーの商用運行「まずは都市環境で」

Zooxが発表したロボタクシーについての詳しい説明は、以下の記事を参考にしてほしいが、ボディは全長3,630ミリ×高さ1,936ミリのコンパクトなボックスタイプで、ハンドルやブレーキなどを取り付けられていないことなどが特徴とされている。

エバンス氏はインタビューの中でロボタクシーについて「都市を移動するための車両」と説明した上で、ロボタクシーが実際に商用運行を開始した際の使い方について説明している。具体的には、アプリを使って乗車地点と降車地点を指定して1〜2分待つと、車両が到着するとしている。

ZooxがAmazonの傘下に入ったことから、エバンス氏は配送での活用についての質問も受け、「まずは人々を移動させます。そこには需要があるからです」と回答。いつ商用サービスを開始するかについては「私道と公道で実証実験をし、安全性を確認してから」と答えるにとどめた。最初に展開するエリアについては、ラスベガスやサンフランシスコのような都市環境だとした。

今後注力する点についての質問には「安全性が最も重要なパラメータ」と応じ、顧客に受け入れられるために重視する要素としては「Safe(安全さ)」「Clean(清潔さ)」「Enjoyable(楽しさ)」の3点を挙げた。

■「人々の想像よりずっと早い時期」が現実に

エバンス氏はその後の2021年3月、ロボタクシーの商用ローンチ時期について、2022年ではないものの、「人々の想像よりずっと早い時期」と語っている。

ハンドルやブレーキを搭載しない車両を自動運転レベル4(高度運転自動化)以上で商用運行するために、クリアしなければならない技術的なハードルは決して低くはないが、意気揚々と語るエバンス氏の口調からは、それが確実に近い将来実現することを強く思わせる。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事