矢継ぎ早!ZMP、新型コロナ対策で「自動運転の台車」提案

宿泊療養施設での動作検証もスタート



新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中、自動運転ベンチャーのZMPは軽症者などを受け入れる宿泊療養施設に対し、自律走行が可能な台車型の物流支援ロボット「CarriRo」を提案している。既に実際の施設での動作検証もスタートさせたようだ。

軽症者などの受け入れ施設では「弁当の配送」や「ゴミの回収」などの業務が不可欠である一方、対応するスタッフの二次感染リスクや心理的不安、人手不足などの課題がある。ZMPのCarriRoはそんな課題を解消するために有効な手段となりうる。







配送を無人化できれば人と人の接触機会を減らせる。CarriRoはエレベーターの乗り降りもできるため、階をまたぐ配送も可能だ。センサーを使って人や障害物を避けて進むこともできる。遠隔でモニタリングも可能だ。

出典:ZMPプレスリリース
■「RoboCar」や「PATORO」では消毒液噴霧オプション

ZMPはこれまでも、自動運転車「RoboCar」や警備ロボット「PATORO」に消毒液散布オプションを追加し、感染防止対策に役立ててもらおうと取り組みを続けている。

RoboCarでは手すりや座席、床、壁に消毒液を自動で噴霧する機能が追加され、PATOROは病院やスーパーなどを巡回しながら手すりや床などを消毒してまわれるようになった。

矢継ぎ早にソリューション提案を行うZMP。同社は既に自社製品の多くの導入・実証実績を有しているが、今回の新型コロナウイルスに対する取り組みで技術力がより広く知られることになりそうだ。

人を介さない自動運転での物資の輸送や消毒機能はいま、感染拡大抑制のための大きな力になる。ZMPの取り組みに今後も注目していきたい。

※自動運転ラボは新型コロナウイルス関連の記事を「タグ:新型コロナウイルス|自動運転ラボ」でまとめて発信しています。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事