自動運転時代、音声認識は「即時性」必須!米セレンスの取り組みに注目

日本でクラウドホスティング拠点を設立



将来、自動運転車の車内では高度な音声解析技術によって、人が声で車載AI(人工知能)にさまざまな指令を出せるようになると考えられている。例えば、声だけで行き先を指定したり、速度を落とさせたり、といったことが可能になるはずだ。







ただし、人の声をAIが解析して指令を理解し、運転操作に反映させる工程では、高い即時性が求められる。この一連の動作に時間が掛かってしまうと、例えば事故が起きそうな状況を避けようとして人が車載AIに指令を出していた場合、事故が回避できなくなってしまう恐れがあるからだ。

特に自動運転車の場合、クラウド上で音声解析を行うことも予想されるため、クラウドと車両側で通信に遅延がないようにすることが重要だ。

■米セレンスがクラウドホスティング拠点を日本に開設

こうした観点で注目すべき発表がこのほどあった。車載向けの音声認識技術を手掛ける米セレンス(Cerence)が2021年2月1日までに、クラウドサービスのホスティング拠点を日本に開設したと発表した。

セレンスはトヨタの車載向け音声対話サービスに対して、クラウドベースの音声認識技術を提供している。日本にホスティング拠点ができたことで音声認識のレスポンスが向上し、よりスムーズなユーザーエクスペリエンスを可能にするという。

セレンス・ジャパンのリージョナルバイス・プレジデントである木村正二郎氏は「トヨタをはじめとする自動車メーカー各社と、日本のコネテクティッドサービスのユーザーの皆さまに、最先端のエクスペリエンスをご提供できると確信しております」と述べている。

■車載向け音声認識技術の領域で技術力を高めるセレンス

トヨタのコネクテッドカーに搭載されている音声対話サービスは、自動運転車に対して指令を出す類いのものではないが、今回のようなレスポンスタイムの短縮に向けた取り組みは、必ず将来、自動運転車でも生かされるものだ。

より車載向け音声認識技術の領域で技術力を高めるセレンスに、今後も注目したい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事