「自動運転の目」LiDAR、世界市場は2025年に29億ドル規模!

台湾の調査会社TrendForceが市場予測



台湾の調査会社TrendForceがこのほど発表した市場調査レポート「赤外線センシング市場の動向(2021年)」によれば、「自動運転の目」の役割を果たすLiDARの世界市場は、2025年には29億ドル(約3,000億円)に到達するという。







同レポートによると、LiDARのニーズはADAS(先進運転支援システム)や自動運転車、産業オートメーション、デリバリーなどの分野で高まり、2020年以後は市場規模が年平均成長率(CAGR)34%で拡大していくとしている。

2025年の市場規模29億ドルのうち、自動車用LiDARが24億3,400万ドル(約2,500億円)を占めるとしており、配送や物流の分野でも自律型配送ロボットなどで搭載ニーズが伸びていくようだ。

■「主要な企業」として日本企業の名前も

このレポートではLiDAR市場における主要な企業として、米Velodyne Lidarや、米スタートアップLuminarが挙げられているほか、これから上場予定のイスラエルのInnoviz Technologiesや中国のHesai Photonics Technologyも取り上げられている。

Velodyne LidarとLuminarはすでに上場しているが、Innoviz TechnologiesとHesai Photonics Technologyも今年上場する計画があり、2021年はLiDAR企業により注目が集まる1年となりそうだ。

ちなみにLiDAR開発の主要企業の中には、日本企業の名前もある。浜松ホトニクスやオムロンなどだ。特にオムロンは車載センサーの開発を近年強化しており、2025年度における自動運転関連の売上目標を200億円規模と設定しているとの報道もある。

■2025年に数十億ドル規模となるのはほぼ確実?

LiDARの世界市場に関する調査としては、フランスのヨール・デベロップメントなども予測を発表しており、ヨール・デベロップメントは2024年には60億ドル(約6,200億円)まで市場規模が拡大するとしている。

このように各社の予測には多少のブレがあるものの、2025年にはLiDAR市場が数十億ドルに達することは確実とみられる。LiDAR市場がこのように有望な中、2021年以後もどのような新たな開発企業が登場するのか、関心が集まる。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事