トヨタがADASを強化!アップグレードで昼間の歩行者も検知可能に

警報とブレーキで衝突回避・被害軽減



出典:トヨタプレスリリース

トヨタは2020年9月18日までに、自車ADAS(先進運転支援システム)「Toyota Safety Sense」のPCS(プリクラッシュセーフティ)で検知対象が車のみの車両に対し、昼間の歩行者検知機能を追加するソフトウェアのアップグレードを開始することを発表した。

昼間に走行中に車両の影から歩行者が急に現れるなどしたとき、アップデートしたPCSであれば警報とブレーキで衝突回避や被害軽減をサポートする。







全国のトヨタ販売店でソフトウェアのアップグレードが可能だ。費用は4180円。

■新機能が作動する仕組みは?

Toyota Safety Senseとは、さまざまな機能を統合した衝突回避パッケージだ。PCSに加え、白線から逸脱を防止する「レーンディパーチャーアラート」や、夜間走行時にハイ・ロービームを自動で切り替える「オートマチックハイビーム」などの機能で構成されている。

今回アップデートで追加されるPCSの機能は次のようなステップで作動する。

車両に搭載されたレーザーレーダーと単眼カメラで前方の車両や歩行者を検知し、衝突の危険がある場合はブザーやディスプレイ表示でドライバーに知らせ、ブレーキ操作を促す。

ドライバーがブレーキを踏んだ場合はプリクラッシュブレーキアシストが作動し、ドライバーがブレーキを踏んだ力をアシストする。一方ブレーキを踏めなかった場合は、自動(被害軽減)ブレーキが作動し、衝突回避・被害軽減をサポートする。

■自動運転につながるToyota Safety Senseの進化に注目

トヨタのToyota Safety Senseは自動運転機能ではないが、将来の自動運転化につながるさまざまな技術が実装されている。Toyota Safety Senseの進化に今後も注目だ。

【参考】関連記事としては「【最新版】ADASとは? 基礎知識や読み方などを徹底まとめ!」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事