TomTom、伊マセラティのグローバルサプライヤーに!地図関連サービスを提供

2020年10月から「ギブリ」などに搭載



トムトムの統合型ソリューションを搭載したM20の内装=出典:TomTomプレスリリース

オランダの位置情報テクノロジー企業TomTom(トムトム)は2020年10月8日までに、高級スポーツカーメーカーの伊マセラティに対し、地図の自動更新機能やナビソフトウェア、コネクテッドサービスなどの車載インフォティメントシステム用のサービスを提供すると発表した。

TomTomがマセラティのグローバルサプライヤーとして契約した形だ。







TomTomのインフォティメントシステム用のサービスの搭載は2020年10月からの見込みで、まずミディアムセダンの「ギブリ」やSUV(多目的スポーツ車)タイプの「レヴァンテ」などの車種で搭載されるようだ。ちなみにスーパーカーMC20などでは2021年からの提供開始となるという。

TomTomの自社サービスがOEMメーカーに新たに搭載されることが決まったという今回の発表は、TomTomの勢いを如実に感じさせるものだ。

■自動運転分野に力を入れているTomTom

そんなTomTomは自動運転の分野に力を入れている。

2015年に自動運転向けの高精度のマップ「TomTom HD Map」の発売を開始しており、その後、道路の勾配や速度制限など、道路予測に効果的な情報を盛り込んだ「TomTom ADAS Map」も発表している。

2019年にはデンソーと提携し、自動運転車向けソフトウェアプラットフォームの共同開発を進めていることでも知られる。

ちなみにマセラティは現在は自動運転レベル2(部分運転自動化)の機能を車両に搭載しており、いずれはレベル3へと進化させる計画も過去に発表している。こうした進化においてTomTomの技術やサービスは非常に貢献するとみられ、協業していくことが予想される。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事