テスラの「完全自動運転サブスク」、2021年第2四半期から提供か

去年の発表から遅れも、今回こそ実現か



テスラのイーロン・マスクCEO=出典:Flickr / Ennoti (Public Domain Mark 1.0)

テスラが提供している有償の完全自動運転向けソフトウェア「FSD(Full Self Drive)」のサブスクリプションサービスが、いよいよ2021年の第2四半期から利用可能になるかもしれない。イーロン・マスクCEO(最高経営責任者)がTwitterで表明している。

■マスク氏、サブスクの提供開始時期に何度も言及

FSDについては、いつからサブスクリプションサービスが提供されるかについて、以前からマスク氏は何度も言及しており、注目を集めていた。

2020年4月に行われた決算説明会ではマスク氏は「2020年の後半」、2020年12月20日のTwitterでは「2021年の初頭には提供できる」とコメントしていたが、ようやく実現のめどが立ったようだ。

2021年3月2日のツイートでは、投資家からの「人々はFSDのサブスクがいつローンチされるか待ちわびている」という発言に対し、マスク氏は「第2四半期には必ず」といった返答を行っている。

今度こそ本当にFSDのサブスクサービスが2021年第2四半期から提供されるのか、注目だ。

■FSDのサブスク価格は月150〜200ドル程度?

FSDの機能はどんどんアップデートされており、それに伴って売り切り価格の値上げが繰り返されてきた。当初は5,000ドル(約53万円)だったが、現在では1万ドル(約107万円)にまで値上がりしている。

FSDのサブスクの価格についてはまだ発表されていないが、自動車アナリストなどは月額150ドル~200ドル(約1万6,000円~2万1,000円)程度になると予想している。

かなり待たされている形の自動運転機能サブスクだが、実現した際にどこまで利用が進むか、注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事