AI自動運転、台湾で官民の最大プロジェクト始動 工業技術研究院とモビールトロン

2020年は注目国の一つに?





出典:ITRIプレスリリース

台湾における半導体業界のパイオニアとして知られる「工業技術研究院」(ITRI)が、自動運転技術を搭載したEV(電気自動車)バスの開発・製造に乗り出す計画が、2020年1月1日までに明らかになった。

ITRIは台湾の政府系開発機関で、多くの優秀な技術者を輩出したことで知られる。自動運転EVバスの開発・製造は、自動車の電子部品やツールの開発企業であるモビールトロン・エレクトロニックス(モビールトロン・エレクトロニックス)社とパートナーシップを組み、進めていく方針のようだ。







報道によると、ITRIは今回のパートナーシップについて、台湾国内における官民の自動運転関連の合同プロジェクトとしては過去最大のスキームとなるものだと説明している。Mobiletron Electronicsは2020年初頭にも新たに開発拠点を開設する見込みで、この拠点で製造が進められる可能性が大きい。

■自動運転領域で2020年は台湾が目立つ存在に?

自動運転領域で台湾にスポットライトが当たることは決しては多いとは言えないが、欧米や中国、日本などと同様に技術開発に力を入れている企業は少なくない。

例えばVIA Technologies(ビア・テクノロジーズ)社は自動運転やADAS(先進運転支援システム)向けの技術開発を進めており、2019年5月の開催された技術見本市ではスマートフォンを使った運転支援アプリの公開デモを実施し、注目を集めた。

Apple Watchの組立・製造を受託するQuanta Computer(クアンタ・コンピュータ)も、Appleの自動運転技術の開発を支援しているという噂がある。同社は自動運転OS(基本ソフト)を開発する日本のティアフォーと資本業務提携を結んでいることでも知られる。

東アジアでは日本や中国や韓国における関連ニュースが報じられがちだが、2020年は台湾も注目国の一つとなるかもしれない。

【参考】関連記事としては「スマホで自動運転レベル2!台湾VIA Technologiesがデモ披露」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事