孫会長が予言!完全自動運転「ほんの数年先から始まる」 決算説明会で言及

「AI革命への投資会社」という方向性強調



出典:ソフトバンクグループ公式ライブ配信

ソフトバンクグループ株式会社(本社:東京都港区)の孫正義会長は2020年11月9日午後、2021年3月期第2四半期の決算説明会で、5〜10年かかると思っていた完全自動運転がほんの数年先から始まる、と強調した。

自動運転開発を手掛ける投資先のGMクルーズやNuroの経営陣とオンライン会議し、意見交換などを通じて実感したようだ。







その後、ソフトバンクグループの方向性として「『AI革命への投資会社』に向かう」と強調。自動運転でAIが多いに活用されることを考えれば、ソフトバンクグループは引き続きAI、そして自動運転領域に積極的に投資するということだろう。

【参考】関連記事としては「ソフトバンクビジョンファンドの自動運転・MaaS領域の投資まとめ」も参照。ソフトバンクグループが投資している中国DiDiや米Uberも自動運転技術の開発を強力に推し進めている。

■純利益、前年同期と比べて4倍以上

2021年3月期第2四半期の連結業績(2020年4〜9月)における純利益は、前年同期と比べて4倍以上となる1兆8,832億円1,100万円となった。

純利益の増加は、デジタル系サービスなどを手掛ける投資先企業の価値が、新型コロナウイルスの影響で高まったことなどが理由。保有する米通信大手TモバイルUSの株式の一部を売却したことも純利益の増加につながった。

出典:ソフトバンクグループ決算資料
記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事