このバッグを背負って歩けば、自動運転ロボ向け地図が完成!ZMPが新システム発表

その名も「RoboMap」、LiDARなどのセンサー搭載





出典:ZMPプレスリリース

自動運転ベンチャーの株式会社ZMP(東京都文京区/代表取締役社長:谷口恒)が、自動運転ロボット用マップを作成するバッグ型のポータブルシステム「RoboMap(ロボマップ)」を2020年7月6日までに発表した。

■背負って歩くだけの簡単仕様!

自動運転ロボットは走行エリアを把握するため、最初に自動運転マップの作成が必須だ。作成したマップとロボットに搭載しているセンサー情報を合わせ、自分の現在位置を確認しながら走行する。







RoboMapはこの自動運転ロボット用のマップを作成するシステムだ。小型の専用バックパックと専用ソフトウェア、クラウドシステム「ROBO-HI MAP」で構成されており、歩道や施設、フロア、エレベーター内を走行するロボットのためのマップを作成できる。

RoboMapを利用し歩道を歩いて取得したZMPオフィス周辺マップ=出典:ZMP

バックパックには、周囲環境を点群データとして取得する3D-LiDARや画像を取得するカメラ、慣性センサー、専用ソフトウェアが実装されたコンピューターが搭載されている。実際に地図データを取得するときは、バックパックを背中に背負って歩くだけでいいという。

上部に取り付けられたセンサー部を取り外して手持ちで移動させれば、狭いスペースや低い場所などのデータを得ることもできるという。

■次々と新たなソリューションを発表するZMP

自動運転ロボットを導入する際には、基本的には地図の準備は必須だ。その地図の準備を円滑に行うことに役立つRoboMap。次々と新たなソリューションを展開する自動運転ベンチャーのZMPに今後も注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事